女子生徒

大学の情報を集めたいならエフラボを利用する

小さな頃から身につける

男の子

小学校受験を行なうときには塾に通わせる人が多くいますが、気になるのはいつ頃から入塾させるのかということです。小さな子供の場合特に成長スピードには個人差があり、生まれてからの日数が数ヶ月の違いでも理解度に大きな差が出ます。小学校受験では学力だけではなく色々な力が試されるので、なるべく早い時期から対策を行なうことが大切です。多くの塾では小学校受験の1年ほど前から受験対策を行なっていますが、より早い段階から幼児教室に通わせておくと学習習慣が身につきやすいです。小さな子供の場合小学校受験の対策はまだ行なっていませんが、話を聞く力や集中力、考える力を養うことができるので幼児教室に通わせる人は少なくありません。まずは学習する土台をきちんと身につけることで効果的に小学校受験の対策をすることができます。
小学校受験ではペーパーテストの他に面接も行ないます。このときにきちんと受け答えができるように塾では勉強の他に面接対策にも力を入れています。相手の話を落ち着いて聞くことができるか、質問内容に合った答えが返せるかが大切です。小さな子供の場合じっとしていることが難しいものですが、塾の講師が丁寧に指導してくれるので落ち着きのない子供でもマナーを身につけることができます。このように、受験対策がしっかり行えるかということは講師の腕によるところが大きいです。幼児教室の先生になるためには特別な資格はいりませんが、講師の資格を持っている人が多い教室ではより高い指導力が期待できます。